http://endleapss.main.jp/
遠く離れた地で
12月4、9日にドイツのライプツィヒで開催の
「ラジカルフィルムフェスティバル」

そこで縛命が招待上映されることになりましたが、

先日、ドイツのWeb マガジンにて
ラジカルフィルムフェスティバルのことが紹介されていました。
その中で縛命のことも紹介していただいてます!

めちゃくちゃ嬉しい!!


kreuzer - Das Leipzig Magazin


「Bakumei」
見た瞬間嬉しかったなー。

まだ映画祭関係者とアポはとれてませんが、
次はお客さんの反応を聞けるのが楽しみです。

記事内では多少の情報の間違いはありますが、気にしない気にしない。


日本を代表して、素晴らしい場で上映された事を誇りに思います。

【記事全文】
エロチックな人と動物の関係、または純度Tiertalg間のコントラスト:映画グループCinemabstruso、自分の名前今年もすべての栄光への根本的なフィルムの夜。
8年前"それは日常生活の中で狂気をうまく、非具体的な過激な方法についてだ"と設立したティルマンキング氏と弟のカールフリードリヒ

グループは、自己決定のない仕事に喜びを感じ、映画製作者によってネットワークする。
彼らは自分のアイデアの実現だけではなくで、主催者は、生活に"過激な映画の夜"と呼ばれる。
リモートは、コストのドライブをする率が、彼らはすべての映画製作者にも多くの祭りの劇的な技術上の基準に提出することをする場所を与えることを指示します。

ある最初の年には100以上の映画、2010年に上陸した - また、海外からも。 ロシアのほか、チェコ共和国、フィンランド、イギリス、オーストリア、米国、日本からも来ています。
初めて大阪から21歳の日本人藤本達也。彼の映画はBakumei"。
出品した理由は簡単です:"私の映画は、YouTubeだけでなく様々な場で上映されるようになりたい。"

それは映画製作者が世界に跳躍するためではないが、映画祭は、それぞれの観客他に映画を持ってする方法を提供します。 過激な映画の夜の情報が日本に敗れたものの、ライプチヒ映画祭はほとんど知られている。

祭りの日の最初では、インターナショナルコンペティションのエントリが表示されます。 '黄金のレンズは、映画制作者は、陽気な議論自体を貸すことが期待できる。 観客が成功したものとそうでないものを決定する必要があります今回は - 彼自身の映画を紹介したい土曜日、誰かに開いてスクリーニングします。

初めて映画だけを完了していない夏の映画賞映画祭だけでなく、映画の概念、Cineartは、クラブ組織価格でこれまでの夏の映画を与えるクラブで授与されるでしょう。 著名な陪審員は - ティルマンキング、ホルムTadikken、Neufilmライプチヒアネグレットリヒター、アニメーションプログラムDokfilmwocheの頭のプロデューサー - 1500€賞金に行くかを決める。

誕生日に5回目の祭りは脚揺れている上にまだ若い。 それが続く夜膜ラジカルのプロフェッショナリズムを追跡に向かってする興味深いもの-指しているかどうかいくつかの主催者に適応で誘惑するそれがリモートより好みに関連して、または屈する、注目を彼女に取得します。
[PR]
# by endleapss | 2010-12-08 19:30
突発的に生まれた何か
すいません遅くなりましたが
ACCIDENTでのendleapss上映会来ていただいた方々、そしてこのような場、時間を作っていただいたACCIDENTスタッフyohey wakamotoさん、
dustbin JONNYさん、NOONのyohey yamamotoさん
本当にありがとうございました!!


やはり当日は初めての上映会ということもあり、
不安なのと楽しみなのが入り混じってました。

上映が始まり、見にきてくれる方が来た時は嬉しくて仕方なかったです。
忙しい中来てくれたり、遠くから来てくれた方、、ほんと感謝です。

上映前、後に前に立って話とかしましたが、うまく喋れずなに言ったか、
正直覚えてないです。笑

けど一人一人とは深く話が出来たからそれで良いんです。
話も大事だけど、なにより映像・音で伝わったらいいんです。


自分の想いを人に伝えるほど難しいものはないけど、
伝わらなくても伝わっても、そういう機会があるのは、とても幸せなことだし、
これからもどんどんこういう発表の場は増やさないといけないなと強く思いました。

もっともっとがんばります!!


上映会の写真です。

d0177581_22512878.jpg

d0177581_22521376.jpg

d0177581_22533846.jpg

d0177581_22542590.jpg



ACCIDENTは梅田の老舗クラブ「NOON」にて毎月一度オープンします。
次回の1月もよろしくお願いします!

そして僕が大好きなイベントREADY TO ROCKのWEBサイトのファッションコーナーにてACCIDENTが特集されています。
そして記事内でendleapssの事も紹介していただいてます。ありがとうございます!


良かったらこちらも見てみてください!
[PR]
# by endleapss | 2010-12-07 23:08
突発的に、またなにかが生まれればいい。
阪急メンズ館期間限定ショップ来ていただいた方々、ありがとうございました!

とても嬉しかったです!直接ご意見、感想を聞けるのは作り手として幸せなことです。

そして28日はメンズ館販売員として一日店頭に立ち、人生初販売員を体験!笑
不慣れでしたが楽しかったです。お客さんに話かけ、服を勧めたり、説明したり、
難しかったけどそれなりに楽しめました。

その日は、上田安子専門学校の子が2人いて全員で3人でした。みんなで頑張った結果、
過去最高売り上げを叩き出しました。なんか嬉しかったなー。

そして閉店後に3人で缶コーヒーで乾杯。
なんだか心地良い時間でした。今回新しい出会いがあったこともとても嬉しい出来事でした。


今回ですごく励みになりましたし、なにせ充実した2週間でした。本当にありがとうございました!


いよいよ今週に迫ったドイツ、ラジカルフィルムフェスティバルですが、


急遽!日本でも同日にendleapss初上映会をすることが決定しました!

詳細です↓↓


セレクトショップACCIDENT

12/4(土) 14:00〜19:00 at 梅田 CLUB NOON

endleapss作品上映会
1回目 15:00〜
2回目 18:00〜
一回の上映時間は30分程です。

endleapss全映像作品5本。

上映プログラム

1.endleapss
2. =(イコール)
3.ACCIDENT
4.FACE
5.縛命

招待上映される縛命はラジカルフィルムフェスティバルと同時上映です!

そして新作もendleapss、=(イコール)、ACCIDENTの3本あります。

今回の上映会では音にも注目していただきたい。
非常に高音質の環境である為、音楽北嶋氏の制作した音が100%の力が発揮できるでしょう。
僕達にとって喜ばしいことです。

僕自身すごく楽しみです。

ちなみに阪急メンズ館期間限定ショップでも置いていた作品も取り扱っていますので、そちらも見ていただきたいです。


急遽で申し訳ないのですが、もしお時間ありましたら見にきていただきたいです!

よろしくお願いします!



ACCIDENT


2008年11月に必然が重なってオープンした、突発的セレクトショップ『ACCIDENT』。
大阪は梅田・中崎町club NOONにて毎月一回、土曜日のデイタイムにオープンするショップでは、ファッション・音楽・映画・アート・雑誌・会話を全て同一線上に捉え、洋服を媒体に発信する。
突発的に現れるその営業展開も含め『事故』をクリエイトしながら、カルチャーを掘り続けることがファッションであると信じ、新たな突発的コミュニケーションの手段として、2010年11月にバーチャルショップをオープン。

BRANDS
ACCIDENT / dustbin / rora / suisaw / endleapss / used item / etc...
[PR]
# by endleapss | 2010-12-02 19:07
夢と現実の狭間
お久しぶりです。藤本です。

新作「endleapss」が完成。阪急メンズ館期間限定SHOPの搬入も終え、少しだけ制作は落ち着きました。
メンズ館では店頭に少しの時間だけ立たさせていただいたのですが、真剣に作品を見てくれる姿を見ると今までの苦労も消え、
感謝の気持ちでいっぱいになります。真剣に嬉しいです。
そしてわざわざメールや電話をいただいたり、、、
もう泣きそうになります。自分達は作品を見てくれる方に支えられていると強く実感します。

本当にありがとうございます。

あと一週間ほどとなりました、お時間ございましたらぜひぜひ来て頂けたらと思います。



そしてつい最近の大きな出来事がありました。



突然ですが、

12月4、9日にドイツのライプツィヒで開催される
「ラジカルフィルムフェスティバル」にてendleapss処女作「縛命」が招待上映されることになりました。

cinemabstrusoという映像団体が主宰されている映画祭です。

僕達は日本出身の映像作家枠として招かれたみたいです。


映像に溢れ、目もこえているドイツの方に見てもらえることをすごく誇りに思います。
最初は突然の出来事で驚きすぎてなんともいえない感情に襲われました。

しかし、ドイツに作品を送ったりしていくうちに夢が現実に変わるように、
すごく不思議な感覚にいたりました。夢と現実の狭間にいたここ数週間はなんか今までにない感覚でした。

僕は残念ながら事情でドイツに行くことはできませんが、
ドイツの方の反応、批評はお聞きすることはできると思うので、それが楽しみで仕方ありません。


映像に言葉の壁はない。
それが実って良かったです!

そして夢である映画祭に出ることができて
今は率直に、すごくすごく嬉しい!!泣

最後にこの件できっかけをいただき、お世話になった小西先生には本当に感謝いたします。
ありがとうございます。

またこの件については、また随時報告いたします!
[PR]
# by endleapss | 2010-11-24 22:54
感性のコントラスト
今更ながらUNDERWORLDの新作買いました。
めっちゃいいです!これであと一ヶ月は無敵になれそうです。


最近のことを言えば、写真の北野絢がアメリカへと旅に出ました。
一週間のアメリカンドリームみたいです。
ハロウィンと重なったみたいで、NYの仮想パーテーに繰り出すみたいですよ。

一人で行っちゃうあたりが凄い。勢いってすごいねー。
彼女が帰ってくるのは11月初旬。

おみやげとか写真とかおみやげが楽しみです。笑


個々の活動もあり、みんなで共作して行うこともありって感じで最近は突き進んでます。


一つお詫びがあるのですが、ホームページの完成が遅れて申し訳ございません。
もう少しでできるみたいなので完成を楽しみにしていただけたら幸いです。
僕たちのこと忘れないでくださいね。笑



そして僕達は今、FACEに続く短編映画を制作しています。

今回の作品は合作。
アイデアを出し合い、それぞれの持つ個性・感性で作品にクリエーションします。

タイトルは今回は先に言いますが、すごくシンプルです。


「endleapss」です。


endleapssの「endleapss」

タイトルからも読み取れるかもですが、僕達endleapssの思想を映像にしています。

詳細はまた後ほど!!


そして嬉しいことに素敵な企画に参加さしていただけることになりました。

鰻谷SUNSUIさんのお誘いで
阪急メンズ館で行われる期間限定SHOPに参加さしていただけることになりました。

詳細です!!

unagidani sunsui 5th Anniversary Special Exhibition.

creative minority  
  感性のコントラスト
- FASHION x ART x MUSIC –

● 日程
2010.11.17(THU) - 11.30(TUE)

● 参加ブランド
raster-noton.
Patrcik Stephan
S'exprimer
maxsix
liso
Elimination Preconception
REBEL SEBASTIAN
JieDa
hammond ARP
ACCIDENT
ROGGYKEI
Valus
FASCINATE
AriaToge
endleapss
Nes

● 場所
阪急百貨店メンズ館 5階

大阪府大阪市北区角田町8番7号
(06)6361-1381
 日・月・火    10:00 - 20:00
 水・木・金・土 10:00 - 21:00


2010 / 11 / 17 / WED
< sunsui x 阪急百貨店メンズ館 OPENING SPECIAL PARTY @ unagidani sunsui > 
- RASTER-NOTON TOUR 2010 - 
ACT:cyclo. ( ryoji ikeda + carsten nicolai ) / alva noto / byetone / nibo

d0177581_01106.jpg

d0177581_0131424.jpg




こんなに素晴らしいアーティスト、クリエーター、セレクトショップの方達と共に一緒に参加出来るのは、本当に嬉しいです。


初の試みでもあるSHOPという形でのアプローチ。
自分達の表現をただ突き通すことが大事だと思っています。

たくさんの人の目に触れることが出来たらと思います。

今回出品するのは、映像作品。
先ほど書いた「endleapss」

実はあと2本新作を撮っていて、それはもう映像は完成していて音のみといった状況。

この新作2本も出品いたします。
全ての作品がDVDで発売するのですが、DVDケースに一工夫加えようと思っています。


是非とも作品を見に来てください!
よろしくお願いします。
[PR]
# by endleapss | 2010-10-30 00:20


以前の記事
2013年 03月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
more...
    その他のジャンル
    画像一覧