http://endleapss.main.jp/
LINE
藤本です。
今日は十三にある第七藝術劇場にドキュメンタリー映画を見に行きました。

その作品とは
小谷忠典監督「LINE」

すべてはひとつの「 線 (ライン) 」となって繋がっていく』

波打つ水の波紋。自転車で走っていく後ろ姿。大阪・大正区。
ここは沖縄からの移住者が多く住む街だ。
足の踏み場もないくらい散らかった部屋で父と暮らす監督・小谷忠典の日常とその目に映ったものが綴られていく。
酒に溺れる父と、血のつながりのない恋人の子どもとの日々の暮らしの中に、言葉にならない苛立ちが積み重なる。
あいまいな苛立ちを抱えたまま小谷が向った先は、自らが住む街と深く結ばれる沖縄。
そこで目にしたコザの娼婦たちの顔、体そして裸体。誰も見ることのない、
彼女たちの体に刻まれた「傷と言葉」が一本の 線 (ライン) となって、小谷と沖縄を繋いでいく。
その線が向かう先はどこなのか? 血と地を超えた「LINE」が親と子のきずなを紡いでいく。


小谷監督は僕が学生時代一年だけ教えてもらっていました。
今回、上映後に舞台挨拶をされるということで、かなり久々に小谷監督とお会いすることができました。そして上映会後も打ち上げに誘ってもらって、いろいろ話さしてもらいました。
とてもおもしろくて優しいお方です。

「LINE」を見るのは実は2回目で最初は学生の時に見ました。
まだその頃は10代でしたね。笑

初めて見た時は衝撃でした。
あの時の上映後の気持ち、感じは今でもはっきり覚えています。

2回目は本当に違う作品のように感じとれるものが違うかったことに驚きます。
自分の家族と照らし合わしたり、小谷監督の心情を考えたり、劇中は常に心の変化・感情が入り交じっていた気がします。

そして意図と現実感とが絶妙なんです。
現実の生々しい部分と、小谷監督がもがいて生きている、作品を作っている様子がすごく強烈に心を揺さぶられます。

絶対目にしてほしい!!
今までに見たことないドキュメンタリーだと思います。

映画は自分自身を変え、強くするものだとあらためて思わしてくれる作品でした。

同じ日に上映のある「アヒルの子」もぜひ!
僕は今日はこの作品は見れなかったんですが、期間中に見に行こうと思っています。



第七藝術劇場
 10月16日(土)〜29日(金)、2週間限定公開


LINE
 ・16日(土)〜22日(金):19:50〜
 ・23日(土)〜29日(金):20:30〜
 
 一般1,200円/専門・大学生1,200円/中・高・シニア1,000円


アヒルの子
 ・16日(土)〜22日(金):18:40〜
 ・23日(土)〜29日(金):18:00〜/21:00〜

 一般1,500円/専門・大学生1,300円/中・高・シニア1,000
[PR]
# by endleapss | 2010-10-18 03:24
可能性
遅くなりましたが、「実験映画の夕べ」来ていただきありがとうございました!!
当日は老若男女なお客さん、外国の方もちらほらといて大盛況でした!

やはりアーツホールでの上映は懐かしかったなーまた帰って来れたことに感動していました。笑

FACEはトップバッターでしたが、インスタレーションとは違う空間。
真っ暗な空間から、投影される映像は同じ作品でも少し違った感じで見れました。
なんといったら言いのか分からないですが、その場にいたら確実に感じとれるものでした。

そして、こんなに様々な実験映画を見れる機会というのはなかなか少ない機会だと思います。
今は商業映画が主流になっていますからね。今回のイベントで実験映画をもっと世に発信していきたいと思いました。自分自身、もっともっと作品を制作しないとって強く思いました。いい意味で焦りました。

前半は日本の作品、後半の作品は海外作品でしたが、海外の作品は世界観がすごく強烈で、見る人を虜にする作品が圧倒的に多かった気がします。

実験映画大好き人間にとって今回のイベントは絶好の場だったのではないでしょうか。

第2部の高嶺先生の作品を見れなかったことは一生ものの後悔になるでしょう。
仕方なかったので受け止めますが、、、

今回の上映会の参加はとても大きかったです。
実験映画の可能性を垣間見れましたし、これからも作品作りに専念したいと思います。
[PR]
# by endleapss | 2010-10-12 02:07
原点へ帰る
お久しぶりです。藤本です。

もう10月になり、時間の流れの早さ、めまぐるしく動く日常に驚きます。
9月は忙しさを理由にブログの更新を怠ってしまい、反省です。

新しい月になると今月はどんな一ヶ月になるのかワクワクしますね。

そんな今月初めは、友人であるとみーさんの結婚式二次会にてVJをしてきます。
とみーさんはasobo design factoryというデザイン制作チームの主宰の方で、非常にクリエイティブな活動をされています。

会場は堂島ホテル THE DINERさんにて。

当日は祝杯ムードの中、VJをやるということで非常に楽しみです。
なにより新郎新婦にとって、一生に一度の大イベントに映像として関われるというのは
本当に光栄なことです。

ありがとうございます。

そして、もう一つ僕にとって嬉しい出来事があります。

僕の母校であるビジュアルアーツ専門学校・大阪で
「実験映画の夕べ」という映画上映会に参加することになりました。

上映作品はROGGYKEIインスタレーションで発表した「FACE」です。

フライヤーイメージです。
d0177581_1118979.jpg
d0177581_11183819.jpg


この上映会では他に学生作品や海外作品フランス・ドイツの実験映画の上映もあり、
個人的にもすごく楽しみです。

また今回の上映で僕のゼミの先生でもある高嶺監督と同じ上映会に作品が上映されるのは凄く喜ばしい出来事です。
専門時代、僕は高嶺監督に様々なことを教えてもらいました。そこでいつも新しい発見があり、考え方を大きく変えられました。

高嶺監督の存在は自分の中で大きすぎます。

フライヤーを見た時に先生と一緒に自分の名前が載っているのを見た時、嬉しくて仕方なかった。
ただそれだけのことと思うと思うかもしれませんが、僕にとってはただそれだけで嬉しかったのです。

卒業して一年以上が経ち、卒業制作「終わりのない風景」以来の上映とあって、
とても楽しみです。

詳細を記載いたします。

日時:2010/10/9(土)17:30~20:20
会場:ビジュアルアーツ専門学校・大阪 新館3Fアーツホール

プログラムは二部構成になっています。
第一部「実験映画を観る」(開場17:10 開演17:30~18:30)
そして「FACE」はトップバッターです。

第二部「実験的イベント」(18:40~20:20)
映画作家 高嶺 剛監督と沖縄民謡のレジェンド 大城美佐子氏による実験的コラボレーション
高嶺監督の新作実験映画の上映と沖縄民謡歌手の大城美佐子さんによる三味線と唄によるパフォーマンス。しかしこの演奏は、単なるパフォーマンスではありません。この会場で収録した音をその映画の音響として取り込んでしまうというもの。
そこに参加した方々の息づかいや気配までもが映画に取り込まれます。きっと不思議かつ実験的なイベントとなるでしょう。


ぜひ足を運んでいただきたいです。
よろしくお願いします。


endleapss 藤本達也
[PR]
# by endleapss | 2010-10-02 11:12
キングコングインストアイベント Vol.1 少年ナイフ
fujimonです。

今日はライブの紹介です。
このライブはものすごいですよ!


以下、少年ナイフHPより↓↓↓


大阪のロックシーンを盛り上げるべく旗揚げされたイベント「大阪ロックデイ」。
その大阪ロックデイが心斎橋はアメリカ村にあるレコードショップのキングコングとタッグを組んで、新たに 「インストアイベントシリーズ」 をスタート!

レコード店という音楽に囲まれた環境で、普段のライブと違い、オーディエンスとアーティストがまさに膝を突き合わせて楽しめるイベントです。

記念すべきVol. 1に少年ナイフの出演が決定しました。

なんと!この日はオリジナルメンバーあつこさんのゲスト参加が決定!
4人編成でのスペシャルなライブが実現します!

また、当日の模様はUSTREAMにて中継!

皆さんのご来店をお待ちしています!!

大阪ロックデイプレゼンツ
キングコングインストアイベントVol.1

8月28日(土)
17:00-17:30
大阪 アメリカ村 キングコングにて

観覧料無料

出演:少年ナイフ
司会:加美幸伸(FM COCOLO)

※観覧希望者には当日11時よりキングコングにて入場整理券を発行。

お問合せ
キングコング 大阪本店06-6211-2630
大阪市中央区西心斎橋 2-9-28 サンビルB1

キングコング
大阪ロックデイ
USTREAM


今日準備のお手伝いに行ったんですが、会場のキングコングがほんとにいい!
レコード店でライブが行われるのって素敵すぎる。
そして出演はあの少年ナイフ!最高の空間になること間違いないですね。

僕も当日は行きたかったんですが、仕事でいけず。

しかし!
便利ツール USTREAMがあります。
この時間は見れないという方もライブ終了後も見れるみたいなので
ぜひチェックしてみてください!
カメラマンはyohey wakamotoさんです。

ぜひぜひ体感してください!

そして僕が編集さしていただいた大阪ロックデイの映像作品もwebにて近々アップされる予定です。
お楽しみに!
[PR]
# by endleapss | 2010-08-27 00:30
ROGGYKEI 期間限定SHOP&INSTALLATION
ROGGYKEI 期間限定SHOP&INSTALLATIONが8月17日〜24日の一週間の開催を終えました。
たくさんの方に来ていただき本当にありがとうございました。

ROGGYKEIの作品、ホントに素敵でした!!
その中で映像という形で作品とインスタレーションできたのが、とても嬉しかったです!

ずっとあってほしい空間でした。
けど表現の空間は進化、飛躍し続けるものだと思うので、
今日の終わりは全ての始まりだと思います。


私、藤本は初日と22日、24日の最終日の夜、会場に立たしていただきました。

このような形は初めてだったので、初めは緊張していましたが、
お客さんが見てくれているその瞬間がホントに素晴らしかった。

見ている時は、映像の世界に入って見てくれる。
endleapssのテーマの一部でもある
「心の投影

心を描き、一瞬を捉え、想いが映写される

私達の心とあなたの心が交わる時
そこに生まれるのは、広大な想像の世界と新たなシンパシー

現実と非現実の狭間を浮遊する」

ここに至ることができたと思います。
このことを僕自身、感じとれたのはすごく良い刺激になりました。

映像でもなんでも表現というのは、見ていただいて成り立つ世界ですから、
見た方と向き合い、意見を聞き、そこから感じれる想像の世界を広げるというのは、これからずっと大事にしていきます。


そして、今回でより大きく感じたのは、
人とのつながりの大切さでした。

ROGGYKEIのお二人やお客さんとも話していましたが、
人とのつながりってほんとすごい!

それはそういう運命であったのかのように、
そこにはいろんな感情や想いが生まれ、人の心を動かす大きな力がある。


もう世界ってすごい。
人ってすごい。笑


今回の展示会でいろんなことが勉強になって、
いろんな刺激を受けることができました。


これからも無限に飛躍していきます。



d0177581_1492376.jpg
d0177581_2214920.jpg
d0177581_1515718.jpg
d0177581_2253399.jpg
d0177581_1425133.jpg
d0177581_216422.jpg
d0177581_212187.jpg

[PR]
# by endleapss | 2010-08-25 02:51


以前の記事
2013年 03月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
more...
    その他のジャンル
    画像一覧