http://endleapss.main.jp/
2010年
もう2010年も終わりますね!
振り返るパターンで!笑


ある人から聞いたんですけど、
1年の総括は12月に全てのしかかると、、、

本当にそうでした。


阪急メンズ館、ACCIDENTに参加。


阪急メンズ館では全ての時間を制作に費やし完成さした新作「endleapss」と「=(イコール)」共にたくさんの人に見て頂き、あらためて作ることの素晴らしさが身に染みた。

ACCIDENTではイメージムービーを作らしてもらい、念願のendleapss全作品の上映会も行うことができました。これからもACCIDENTではおもしろいことを発信していきたいです。


他にも過去にはROGGYKEI期間限定ショップ&インスタレーション。
一番この出来事が僕達を大きく変えました。
人とのつながりの凄さ、それによって生まれるクリエーションを実感。
FACEで繋がった母校ビジュアルアーツでの実験映画の夕べ。

なによりテーマであるFACEをROGGYKEIと共に共有できて、本当に光栄でした。
素晴らしい空間と時間でした。


そしてドイツ、ライブチヒの映画祭「ラジカルフィルムフェスティバル」に出れたこと。
誇りに思います。今でもなんだか不思議な気分です。世界に向けて自分達の表現を発信できて良かった。



とまあここまで文章で見る限り、良いことが並んでますが、この1ヶ月様々なことが交差してましたね。


なにかというと

endleapssのメンバーの一人が抜けました。
さらに一人からは音信不通。


共に制作している最中、そして終わってからもそれが続く。


そうしてしまった責任は僕にあるかもしれないけど、
せめてクリエーターとして作品を作るという責任は持ってほしかった。インプットからアウトプットまでしっかりとしてほしかった。もちろんアウトプットの中には、人に見られて評価を受けることも加わってるし、クリエーターとしてそれは一番大事なこと。


それを最後までしなかったのは正直残念で仕方ない。


そんな状況化でも音楽北嶋くんとは連絡をとりあい、いろいろと話し合った。
これからのこと、自分達の劣っていたところ、とことん話し合った。

一緒に作品を作り出してもう3年くらいになるのかな。
彼の存在はすごく大きくて、僕のぶっ壊れた精神状態を緩和してくれた。


とにかく11月から12月にかけては、がむしゃらにうごめいてました。
良いことも悪いこともありました。そうであるのが当たり前ですけどね。


それの繰り返しで成長していくものだと思うので、とにかく恐れず突き進んで行きたいです。



僕達の作品を見ていただいた方、ブログなどを見て少しでも動向を気にしていただいた方々、本当にありがとうございます。

そしてendleapssに関わってくれた方々、今年一年大変お世話になりました。


感謝の気持ちでいっぱいです。


とにかくいろいろありましたが、2011年は心改め新制endleapssでやっていくので来年もよろしくお願いします!


ではよいお年を!!
[PR]
by endleapss | 2010-12-29 16:17
<< 2010 遠く離れた地で >>


以前の記事
    その他のジャンル
    画像一覧